粗大ごみの不用品回収が必要な理由

粗大ごみは処分が難しいと言われています。
壊れた自転車や家電、家具などは、人目の付かない場所や山林への不法投棄も後を絶たないのが実状です。
しかし法律に違反しており、賠償金請求だけでなく法で罰せられる行為になります。
そのため、正しい方法で処分しないといけません。


なぜ不用品は処分するべきなのか

捨てるのが面倒なため、粗大ごみを処分しないままにするケースもあります。
しかし放置するとごみ屋敷になる可能性もあり、防犯上の理由で好ましいとは言えません。
ごみがごみを呼ぶ場合もあるため、第三者のゴミ捨て場になってしまうことも考えられます。

ごみ屋敷になるだけでなく、近所迷惑にもなってしまうでしょう。
意外な盲点ですが、悪臭を放つようになることもありますし、ごみが元で誰かが怪我をするおそれもあります。
場合によっては賠償請求も免れないため、そのままにしておくなら、正しい方法で処分するか、不用品回収してもらうのが良いでしょう。

また、ごみの種類によっては化学物質が漏れ出し、環境を汚染してしまうこともあるのです。
人体に有害な物質も少なくないため、健康被害のリスクも高まるでしょう。
何らかの影響が出てからでは手遅れです。

どのような品目にせよ、まずは不用品回収してもらうことを検討しましょう。
手間だと思う場合は、専門の業者に不用品回収してもらうこともできます。
放置することは様々なデメリットを生むため、何らかの対策を取ることが大切です。

  ≪ 前の記事: を読む