粗大ごみ不用品回収してもらう方法は?

不用品の中には処分に困ってしまう物もあります。
家電や家具、壊れた傘、車のバッテリー、そして自転車など、これらは粗大ごみに分類されますが、山林に不法投棄される場合も少なくないことから、特に処分が難しいと言われる品目です。


不用品を処分する方法は主に2つ

不用品を処分する方法は2つあります。
自治体あるいは民間の業者です。
それぞれ処分方法や料金が異なるため、自分に合ったほうを選ぶようにしましょう。

自治体に粗大ゴミを処分してもらう方法は料金が安くて済みます。
処分したいごみが少ない場合は候補になるでしょう。
しかし、自治体によって処分方法が異なるため、業者と比べて手間と時間が掛かります。

また、不用品回収を行っている業者に任せる方法もあります。
自治体を利用する場合と比べて処分自体は簡単です。
自宅やマンションまで回収に来てくれるため、指定場所まで運搬する手間を省けます。
処分したいごみの量が多い場合も同様で、業者が来てくれる点はメリットになるでしょう。
不用品回収の方法としてはポピュラーですが、料金は少し割高になってしまうこともあるので注意が必要です。

用途に合わせて選んでみましょう

自治体と業者はそれぞれ一長一短と言えます。
処分する際はどちらを利用するか、一度検討してみると良いでしょう。
自治体で十分な場合もありますし、逆に業者に任せたほうが簡単なこともあります。
粗大ごみの量に応じて選ぶことをおすすめします。

  ≪ 前の記事: を読む